ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
より良い障害福祉のために『時間』と『情報』を有効活用する
ための支援記録/ケース記録システム。

かんたん支援記録カンタン支援計画
キーワード :

開発元について

長野県上田市にある一般社団法人ミチシルベが運営している一般事業部門「ツムギタヤ」のITグループにて開発しています。
( ミチシルベでは、各種事業を「ツムギタヤ」で行い、そのお仕事の一部を就労継続支援B型事業所キミノタネに委託しています。)

この「かんたん支援記録 カンタン支援計画」は、ミチシルベが福祉サービスとして運営している「キミノタネ」の支援業務改善のために独自開発し、実際に利用していたシステムを元に、クラウドサービスとして発展させたものです。

現在はキミノタネも「かんたん支援記録 カンタン支援計画」と全く同じものを利用し、その結果、フルタイム職員の就業時間自体を1時間縮めることに成功しました。

これは、支援記録としての機能だけではなく、議事録や伝達事項などの情報を、支援記録の確認と同時に全員がいつでも閲覧できるようになったことも大きな要因として働いていると思います。

今もリアルな現場の声をスピーディに反映して、開発を継続しています。

ご利用していただいている皆様の声も極力システムに反映させたいと思っていますので、ご意見・ご要望などもお待ちしております。


「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画
▶ ご試用はこちらから