ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
より良い障害福祉のために『時間』と『情報』を有効活用する
ための支援記録/ケース記録システム。

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」
キーワード :

開発元について

長野県上田市にある一般社団法人ミチシルベが運営している、一般事業部門「ツムギタヤ」のIT事業グループにて、国内外の大手企業・中小企業のウェブサイト構築や、インターネットを活用した業務システム ( 光学機器メーカーの世界規模でのリソース共有システム・不動産情報の運営管理システム・通販サイト構築・情報ポータルサイト構築など ) や、一般デザイン業務などを手がけている開発リーダー(外部指導員)の元で開発しています。

( ミチシルベでは、各種事業を「ツムギタヤ」で行い、そのお仕事の一部を就労継続支援B型事業所キミノタネに委託しています。)

この「かんたん支援記録カンタン支援計画」は、ミチシルベが福祉サービスとして運営している「キミノタネ」の支援業務改善のために独自開発し、実際に利用していたシステムを元に、クラウドサービスとして発展させたものです。

現在はキミノタネも「かんたん支援記録カンタン支援計画」と全く同じものを利用し、その結果、フルタイム職員の就業時間自体を1時間縮めることに成功しました。

これは、記録にかかる事務作業時間の短縮はもちろんですが、基本的な支援記録・個別支援計画システムとしての機能だけではなく、議事録や伝達事項などの情報を、支援記録の確認と同時に、全員がいつでも閲覧できるようになったことで、ミーティングにかかる時間を大幅に減らせたことや、場所や時間に縛られない働き方を選択できるようになったことも大きな要因として働いていると思います。

そして今も、リアルな現場の声をスピーディに反映して、開発を継続しています。

もちろん、ご利用していただいている皆様の声も極力システムに反映させ、福祉業界全体を少しでも、より良くしていきたい思っていますので、ご意見・ご要望など、ございましたらお寄せ頂ければ幸いです。


「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画
▶ ご試用はこちらから