ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
より良い障害福祉のために『時間』と『情報』を有効活用する
ための支援記録/ケース記録システム。

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」
キーワード >

記事リスト : ICT

ケース記録(支援記録)の役割 : 今の時代の「ケース記録」に求められるべき要点とは?

福祉サービスを提供している事業所にとって、ケース記録(支援記録)を始めとする各種記録(サービス提供記録・介護記録・ケア記録・業務日報など)はサービスを提供したことの証拠書類としての意味合いもありますが、「いつどのような支援をしたのか」ということを確認し、支援の方向性を改善していくための「情報資産」でもあります。

→ 続きを読む

ケース記録システムの活用で障害福祉サービスもできるだけテレワークに。新型コロナウイルス感染予防対策について。

現在、世界中で猛威をふるっている「新型コロナウイルス」。日本でもたくさんの方が感染し、福祉従事者の身にも降り掛かってきています。

このウイルスの特徴から、感染しやすい条件をさけるためには、「3つの密」を避けることが重要といわれているのは、皆様ご存知のとおりです。

現在、電話やテレビ会議システムなどによる「テレワーク支援 ( 弊社の場合の例 ) 」でも、場合によっては「出席」と認定される状況ではありますが、基本的に福祉業界は、濃厚接触せざるを得ない場面が多く、ソーシャルディスタンス(人との物理的距離)を保つことが難しいという側面があります。

→ 続きを読む

支援記録(ケース記録)にICTを効果的に活用しましょう。福祉にとっての「ICT」とは?

「IT = 情報技術」というと、面倒な事務処理などをパソコン・情報処理技術を使い、楽に管理できるようにする。というひとつのイメージがあると思います。

このような情報処理は、帳票のデジタル化や、請求処理の効率化などに効果がありますよね。

しかし、支援記録のような記録頻度の高い情報や、そのまま保存しておくだけではもったいない情報は、従来の IT よりも ICT ( 情報コミュニケーション技術 ) をうまく使った方が、ずっと価値のある情報へと変わります。 → 続きを読む

集計情報ページで加算項目や工賃・バイタル・タイムカード情報などを集計。毎月10日までは先月分の合計を表示します。

「かんたん支援記録かんたん支援計画」は、基本的に「ICT ( = 情報コミュニケーション技術 ) を使って、『支援の質』『支援員の働き方・労働環境』を改善する」ことに主眼を置いています。

ですから、国保連への月次請求処理などは一台のPCで行っても出来ることですので、そのような機能は現時点では付けていません。

→ 続きを読む


「ゼロ!コロナ」 キャンペーン
( 初期設定費用 : 0567円 ) 実施中

新型コロナウイルス収束への
「願い」と「祈り」を込めて

テレワークの割合を増やす
/ 情報共有して会議を減らす
/ 端末を共有しない
など、感染リスクを可能な限り減らすためにも、
お役立て下さい。 (キャンペーン終了日は未定です)

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画
▶ ご試用はこちらから