ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
より良い障害福祉のために『時間』と『情報』を有効活用する
ための支援記録/ケース記録システム。

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」
キーワード >

レビュー : ケース記録をかんたんに共有・管理できることで、柔軟に個別支援計画がたてられるようになりました。


支援計画は3か月毎や6カ月毎で、評価見直しがサービス事業所の義務になっております。

ご本人の真のニーズをくみ取らせていただき、沿った支援計画を立てる事が本来となります。が、実際はどうでしょうか・・・という所です。

利用者さんによって、日々仰る事に変化あり、また体調の波で長期目標さえ変更が必要となる場合多数。3か月や6カ月も待っていられないほど、状況が変化していく事が多いのが現実です。

その現実に対応するために支援者として大切になってくのは、関係者のチーム支援であると思います。おひとりの利用者を、ひとりの支援者が一生支援していくわけではありません。リアルタイムだったり、次へつなげる支援だったり、支援関係者全体が常にベクトルを共有しなければ、その利用者さんを主役にした支援は行えません。

そこで、そのために、基盤となるのがケース記録。記録することで即共有が可能なので、日々変化する利用者さんの状況やニーズを全体が瞬時に把握し対応する事ができるようになりました。

就労継続支援B型 Uさん

掲載日 : 2019年2月25日 / 更新日 : 2019年2月25日

ほかの関連記事リスト :

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画
▶ ご試用はこちらから