ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
福祉支援の価値を最大化するための
支援記録(ケース記録)システム

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」
キーワード >

レビュー : 支援記録システムで会議のペーパーレス化も。記録は活用してこそ価値がある。

事業所内の会議において、印刷物をなくしました。今までは、会議ごとに人数分のレジメにはじまり、支援記録や支援計画、とにかく印刷物が多かったです。しかも、会議終了後は個人情報流出を防ぐために大量の印刷物をシュレッダーにかけて破棄していました。

今はこのシステムを使い、それぞれのPC画面を見ながら会議を進めています。過去の記録や、支援計画もボタンひとつで閲覧できるので、口頭で指示さえすれば会議出席者全員が同時に閲覧できます。

また、紙ベースのレジメに手書きでメモを書き、それを会議記録としてWordで打ち込み、印刷して回覧するということもなくなりました。会議を進行しながら、書記係が直接システムに入力し、「更新」ボタンを押すだけで、リアルタイムで全員が共有できるからです。

次は、ひとつの画面で全員がシステム見れるような大画面のスクリーンが欲しいと思っています。

記録は過去の印刷物の山ではありません。段ボールやファイルに保存してあるから良いのではありません。活用してこそ。
例えば、リアルタイムで1年前の利用者さんご本人の様子と、現在の様子を比べられることが大切。利用者さんのニーズと支援が合致しているのか、そこに変化はあったのか、利用者さんのニースはどのように叶えられているか、・・・時系列に把握できるからこそ、明日の質の良い支援につながると思って利用しています。

就労継続支援B型・生活自立事業所勤務 : Uさん

掲載日 : 2018年12月12日

関連する記事のご紹介 :

まずはご試用してみて下さい。
お申し込みはこちらから。

31日間の無料試用期間の終了後、ご契約期限日までさらに42日間ありますので、実質2ヶ月以上ご試用頂けます。
法人名 :
お名前 :
eMail :
電話番号 :

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画