ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
より良い障害福祉のために『時間』と『情報』を有効活用する
ための支援記録/ケース記録システム。

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」
キーワード >

レビュー : 個別支援計画の確認も支援の現場ですぐに出来ます。


当事業所は最新の個別支援計画を抜粋してファイリングし、いつでも支援者が計画を再確認することで、支援員によるムラが出ない統一した支援ができるようにしています。

保管場所は個人情報保護のため事務所内。正直「この利用者さんの計画ってどうだっけ?こういう時はどう対応させていただくんだっけ?」と現場で思っても、支援現場を離れて事務所へ行く物理的余裕がないのが現実でした。

しかし、このケース記録システムを使い始めてから、どんな現場にいても、自分の携帯電話から支援計画を確認することができるようになりました。

もちろん利用者さんの目の前で私用の携帯電話を操作する事は誤解が生じる恐れがあります。ですので、きちんと利用者さんには「今計画を確認するのでお待ちください」とお伝えします。

全支援員が同じ計画に基づいて、統一化された支援をすることで、利用者さんの心の安定や信頼にもつながっていると思います。

加えて、事業所のネット環境に自分の携帯を接続している間は良いのですが、それ以外の場所で自分の携帯電話を使うことが、私用で契約しているネット利用量を大幅に使ってしまうのではないかと懸念し、ツムギタヤさんに問い合わせしましたら、思いのほか接続に容量を使わないことを教えていただきました。今は安心してシステムを使わせていただいています。

就労継続支援B型・生活自立事業所勤務 : Uさん

掲載日 : 2018年12月14日 / 更新日 : 2019年4月4日

ほかの関連記事リスト :

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画
▶ ご試用はこちらから