ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
より良い障害福祉のために『時間』と『情報』を有効活用する
ための支援記録/ケース記録システム。

かんたん支援記録カンタン支援計画
キーワード :

記事リスト : ご利用料金

スマートフォンで支援記録の記入や閲覧などをした際のデータ通信量 (パケット消費量) はごくわずかです。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」の特徴のひとつとして、パソコンでも、タブレットでも、スマートフォンでも使える、という点があります。

個人のスマートフォンを仕事で使うかどうかは、それぞれの事業所の考え方にもよりますが、BYOD (Bring your own device) = 「自分の機器を仕事に持ち込む」 こと自体は世界的に見れば、もはや常識的な潮流となっています。 → 続きを読む

少ない予算でも導入できる低価格!ご利用のあった分だけ後払いだから安心です。

これなら導入もラクラク!ウェブサービスだからこその低価格。何台で使っても価格は変わりません。

ご利用とお支払いのフロー

  1. まずはトップページの申込みフォームからお申込いただき、1ヶ月間、無料で実際にご試用頂くことからスタートします。( ※ 試用期間中に入力した情報は、そのまま正式契約後も引き継がれますので、試用期間中でも実務にご利用いただいても構いません。 )
  2. 試用期間が終了すると、その旨をお知らせするメールが届きます。 そのメールをご覧いただき、ご利用を継続する場合には、初期設定費用として3,000円(税抜)をお振込み下さい。
  3. その後のご利用料は、支援記録 ( あるいは、「個別支援計画」「アセスメントシート」「一斉配信メール」 ) を1件記入するごとに7円から9.6円を課金させていただく、従量課金制です。 ( 価格は常時見直しておりますが、このページに掲載されている価格はリアルタイムに更新されますので、常に最新の情報です。 )

支援記録を作成するのは、基本的に福祉サービスの利用があった時と見なし、ご利用のあったその日、その利用者様の報酬から7円から9.6円を、このシステムのためのコストとして充当していただく感覚で考えていただければ、利用端末台数は無制限ですので、職員一人当たりで考えてみても、とても小さなコストであることがイメージできるのではないでしょうか。 ( 報酬額に対する割合としては、サービス種別やご利用時間にもよりますが、0.1%〜0.5%程度になると思います。 ) → 続きを読む

かんたん支援記録 カンタン支援計画 : 支援記録(ケース記録)・個別支援計画を効率的に作成して効果的に活用するためのクラウドサービス。

支援記録を素早く作成!そして有効活用することが、支援の質の向上につながります。

障害者福祉事業に携わる者にとって不可欠なのが、毎日の支援記録 (ケース記録) です。

毎日の支援業務の中で、支援記録にかける時間はそれなりのウェイトを占めている上、「これからの福祉」というものを考えていく中で、記録をはじめとする情報を最大限活用することは、明日の福祉のためにもっとも大切なテーマのひとつです。

また、業務時間内のちょっとした空き時間を有効に使って、「小さな時間」を積み重ねることが、できる環境なのか、できない環境なのか、ということは、仕事の効率化や、働き方を改革していく上でも大きな影響を及ぼします。

そして、どのような支援計画のもとに、誰がいつ、どのような支援を行っていて、現状はどのような状況なのかを、関係する支援員全員が常に把握・共有しておくことは、無駄のない、より良い支援を実現するためにとても重要です。

→ 続きを読む


「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画
▶ ご試用はこちらから