ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
福祉支援の価値を最大化するための
支援記録(ケース記録)システム

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」
キーワード >

レビュー : ケース記録は子供を迎えに行ってから自宅でシステムに記入し、夜勤支援員に申し送りしています。

※ この記事は内容が古い可能性があります。

現場支援の最中の出来事を、記録する間もなく仕事をあがることがあります。残業していけば記録も書けるのですが、自分の子供が小さいので保育園に迎えに行く時間を考えると残業もできません。

現場であった事には大事なことが多いです。実際、夜勤で入る支援員には伝えなければならない事なのに、夜勤支援員に会えないまま現場を離れることがあり、情報が足りずに支援に入った支援員の行動で、利用者さんがパニックになったことがありました。私がきちんと伝えていなかったせいです。

このケース記録システムを使うようになってからは、子供を迎えに行ったあと自宅のPCからシステムにつなぎ、記録を入力しています。

夜勤支援員もこのケース記録システムで記録を確認してから現場支援にはいる流れが定着しているので、昼間あったことと対応内容のつなぎで支援に入ることができています。

利用者さんからは「○○(私)さんに伝えた事なのに、あなた(夜勤支援員)がやってくれてありがとう」という言葉をいただきました。今では利用者さんご自身が「支援員○○さんにも言った。支援員××さんにも言わなきゃ。支援員●●さんには言ってないけどどうしよう」と、お困りになることもなくなったように思います。

支援員としては自信をもって「その件は申し送りされてますので、ご安心ください」とお伝えすることができ、むしろ、こちらから「昼間支援員××とお話しさせていただいた件ですが・・・」と利用者さんからのアプローチをしていただかなくてもお声掛けできている状態です。

生活介護 Sさん

掲載日 : 2018年12月16日

関連する記事のご紹介 :

まずはご試用してみて下さい。
お申し込みはこちらから。

31日間の無料試用期間の終了後、ご契約期限日までさらに42日間ありますので、実質2ヶ月以上ご試用頂けます。
法人名 :
お名前 :
eMail :
電話番号 :

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画