ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
より良い障害福祉のために『時間』と『情報』を有効活用する
ための支援記録/ケース記録システム。

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」
キーワード >

ケース記録(支援記録)の役割 : 今の時代の「ケース記録」に求められるべき要点とは?


福祉サービスを提供している事業所にとって、ケース記録(支援記録)を始めとする各種記録(サービス提供記録・介護記録・ケア記録・業務日報など)はサービスを提供したことの証拠書類としての意味合いもありますが、「いつどのような支援をしたのか」ということを確認し、支援の方向性を改善していくための「情報資産」でもあります。

目次

人の「行動」の源流は「情報」にあり

まず、忘れてならない基本的かつ重要な点として 「人は常に『情報』を元に行動している」 という事実があります。

人類がIT技術を追求し、これだけ大きく発達してきた理由の背景には、単に利便性を高めたい、ということだけではなく、「情報の質」が「行動の質」に直結するから、という点が大きな要因としてあります。

支援員として「ケース記録の具体的な書き方」をテクニカルに学ぶことも重要ですが、その前に「記録」は「情報」であり、その「情報」は「資産」である、ということをベースとして意識しておくことが、今のDX(デジタル・トランスフォーメーション)時代の「ケース記録のあり方」を考える上で大切だと思います。

数値化できない「サービスの価値」

福祉の仕事は「人と人との関わり」や「一人ひとりの人柄」など、数値では測れない要素の多い職種ですから、「デジタル技術を活用しても効果が薄いのでは?」と感じる方もいるかもしれません。

たしかに、単純に今までアナログだったものをデジタルで電子文書化するだけでは、「デジタルを使ったアナログ処理」をしているだけになってしまい、「お互いの生活を豊かにする」ようなデジタル活用法とは言えません。

支援の現場において、結果的には「支援者」が「行動」という形でアウトプットするわけですが、その行動の質を左右する「情報」がケース記録には蓄積されていきます。

蓄積された記録情報を、的確に素早く活用できる環境があれば、その情報は大きな資産となります。その「情報資産」を支援にフィードバックし、アウトプットとしての「行動」の質を高めていく。数値には出来ないような「あいまいなニュアンス」まで含めた、人間にしか出来ない「仕事」の質を高めていく。そんな大局的な視点を意識することが、DX時代の「ケース記録の書き方」においては大切になってくるはずです。

その視点をそれぞれの支援者が意識し、お互いに共有できていれば、ケース記録の書き方にも自ずと結果として反映され、そのことが事業所全体の支援の質を高めていく、という好循環が生まれてきます。

」という時代の「ケース記録のあり方」

福祉業界に限らず、全ての業種において「これからの仕事のあり方」を考えた時、アナログをデジタルに置き換える、という一昔前の発想ではなく、「デジタルベースで物事を発想する」ことが求められている「」の時代。

そんな時代の中で、複雑であいまいな「人」という存在を丁寧に支援していくのが「福祉の仕事」。 だからこそ、時と場合によって変化する「必要な情報」を「的確に素早く」活用できる支援環境を整え、時にあいまいなニュアンスをも含む「行動」の質を高めていく。それは「お互いの生活をより豊かにする」ために、IT技術が創り出すことのできる「大きな価値」であり、「技術」というものは、そのような方向へ向かって利用されるべきものだと思います。

ケース記録を始めとする、各種記録情報の持つ「今」の時代における存在意義・存在価値を意識して各々が記録を書いていくことで、それらが集まってきた時に、記録者ご本人にとってはもちろん、事業所全体にとっての大きな「資産」となり、「明日のより良い支援」へと繋げていけるよう、私たちは「かんたん支援記録カンタン支援計画」を通してサポートしていきます。

掲載日 : 2020年7月20日 / 更新日 : 2020年7月30日

ほかの関連記事リスト :

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画
▶ ご試用はこちらから