ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
より良い障害福祉のために『時間』と『情報』を有効活用する
ための支援記録/ケース記録システム。

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」
キーワード :

支援記録記入ページにテンプレート(様式)が適用できるようになりました。


ケース記録・支援記録に事業所独自の記録用紙やエクセルやワードのテンプレート(様式)などを使っているケースも少なくないと思います。

テンプレートを利用することで、記録体裁の統一だけではなく、「何を書くべきか」という着目点を支援員間で共有できる、という効果もあります。ここでは、もう一歩踏み込んで、記録をより「活かす」方法を考えてみましょう。

記録システム導入により、記録作業に必要な時間を短縮できる(これも積み重なると大きな時間になります)のは当然ですが、本当に重要なポイントは、記録情報を有効に活用できる環境が、より良い支援のための新しい「時間」と「アイデア」を与えてくれる、ということです。

紙はもちろん、ワードやエクセルでの記録管理では、せっかく労力をかけて作成した記録が、未来の支援のために「活用しにくい情報」になってしまいます。「必要とする支援員が、必要とする情報にいつでもすぐにアクセスできる」ことは、より質の高い支援、より効率的な労働環境に直結します。

かんたん支援記録カンタン支援計画」では、支援記録記入ページに予め項目名を表示させておいて、その項目にそって入力できます。

シンプルな仕組みですが、だからこそ、項目の増減やフォーマットの変更もその場で対応できる柔軟性があります。さらに、ハッシュタグなどもうまく活用すると、より有用な記録情報として活用できるはずです。

支援記録記入ページを表示させた際、「内容」部分に項目名が書かれた状態で表示できますので、ケース記録・支援記録に独自フォーマットをお使いの事業所様にも入力しやすく、また、記録になれていない支援員様にとっても、どのように記録を取るべきかが分かりやすくなります。

そして、一つひとつの記録は、支援の質を向上させるための情報資源として、その後いつでも簡単に参照・活用できる状態で管理できるようになります。
これからの支援は「情報」をいかに活用できるか、が大きなポイントになるはずです。

さて、上記テンプレートに実際に記入して表示させると以下のような表示になります。

支援記録のテンプレート設定は、弊社側で設定させていただきますので、「サポートへ連絡」ページよりお気軽にお問い合わせください。

最終更新日時 : 2019年5月29日

ほかの関連記事リスト : , , ,

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画
▶ ご試用はこちらから