ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
より良い障害福祉のために『時間』と『情報』を有効活用する
ための支援記録/ケース記録システム。

かんたん支援記録カンタン支援計画
キーワード :

記事リスト : 使い方と特長

ケース記録時に、個別支援計画で立てた目標を確認できると同時に、関連する記録を簡単に時系列で抽出できます。

ひとり一人の利用者様に対して、個別支援計画で立てた目標を常に意識しながらケース記録を取っていくのは難しいことですよね。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」では、個別支援計画の内容に 「#〇〇〇〇〇〇」というような書式で「計画キーワード」を設定しておくことで、ケース記録を記入する際にワンクリックで追加できる「計画キーワードボタン」として表示されるようになりますので、目的意識をもってケース記録を書けるようになります。

→ 続きを読む

支援記録・個別支援計画・アセスメント等、ぞれぞれの使い方に応じてカスタマイズも可能です。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」は、クラウドサービスですので、基幹システム部分はすべての事業所様で共有しています。

しかし、支援記録・個別支援計画・アセスメント等、実際の業務で利用する画面の多くの部分で、それぞれの事業所様の利用方法・利用方針に合わせて柔軟にカスタマイズができるように作られています。

→ 続きを読む

アセスメントシートだけでなく、ケア会議録などの利用者様データ作成にも対応しました。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」では、アセスメントシートだけでなく、ケア会議記録などの利用者様に関する任意の表形式文書を、テンプレート(様式)を登録することにより記録できるようになりました。 → 続きを読む

ケース記録時の利便性を上げるための小さな工夫を積み重ねることで、総作業時間に差が出ます。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」のケース記録(支援記録)入力画面には、日々の記録作業を少しでも簡単にすばやく入力するための工夫がたくさん組み込まれています。

一つひとつは小さなことですが、毎日の作業時間を少しずつ短縮していくことで、総作業時間に大きな差が出てきます。

→ 続きを読む

支援記録記入ページにテンプレート(様式)が適用できるようになりました。

ケース記録・支援記録に事業所独自の記録用紙やエクセルやワードのテンプレート(様式)などを使っているケースもあると思います。

かんたん支援記録カンタン支援計画」では、支援記録記入ページに予め項目名を表示させておいて、その項目にそって入力できます。

システム導入によって、記録作業に必要な時間を短縮できる(これも積み重なると大きな時間になります)のは当然ですが、もっと重要なのは、記録情報を有効に活用できる環境が、より良い支援のための新しい時間を創出してくれる、ということです。

紙はもちろん、ワードやエクセルでの記録管理では、せっかく労力をかけて作成した記録が、未来の支援のために「活用しにくい情報」になってしまいます。「必要とする支援員が、必要とする情報にいつでもすぐにアクセスできる」ことは、より質の高い支援、より効率的な労働環境に直結します。

シンプルな仕組みですが、だからこそ、項目の増減やフォーマットの変更もその場で対応できる柔軟性があります。

→ 続きを読む

支援記録 (ケース記録) 作成ページの通知機能について。

全ての利用者様の契約更新日や個別支援計画更新日などの情報を正確に記憶しておくのは難しいですよね。

かんたん支援記録カンタン支援計画」の支援記録記入ページには、記入する際に記録対象となる利用者様を選択すると、その利用者様の以下の情報が通知されます。 → 続きを読む

アセスメントシート等の作成について : 各用途に応じたテンプレートを作ってご利用頂けます。

かんたん支援記録カンタン支援計画」では、アセスメントシートの作成にも対応しています。

アセスメントシートに関しては、それぞれの事業所の考え方や用途・目的に応じて、項目設定も大きく変わってくると思います。

アセスメントシート記入ページには、初期状態でも、よく用いられると思われる項目名が設定してありますが、基本的に用途別にアセスメントシートのテンプレート(ひな形)を作成していただいて、ご利用頂く形を想定しています。 → 続きを読む

支援記録(ケース記録)にICTを効果的に活用しましょう。福祉にとっての「ICT」とは?

「IT = 情報技術」というと、面倒な事務処理などをパソコン・情報処理技術を使い、楽に管理できるようにする。というひとつのイメージがあると思います。

このような情報処理は、帳票のデジタル化や、請求処理の効率化などに効果がありますよね。

しかし、支援記録のような記録頻度の高い情報や、そのまま保存しておくだけではもったいない情報は、従来の IT よりも ICT ( 情報コミュニケーション技術 ) をうまく使った方が、ずっと価値のある情報へと変わります。 → 続きを読む

利用者台帳としてもご利用いただけます。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」では、利用者様の情報管理ページにて、様々な情報を利用者台帳として登録しておくことができます。

こちらの利用者台帳に記載された情報は、支給決定期間・契約期間の終了期限が近づくとお知らせしてくれたり、アセスメントシート作成時には、必要事項を自動的にシート内にコピーしてきたりするためにも利用されます。 → 続きを読む

スマートフォンで支援記録の記入や閲覧などをした際のデータ通信量 (パケット消費量) はごくわずかです。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」の特徴のひとつとして、パソコンでも、タブレットでも、スマートフォンでも使える、という点があります。

個人のスマートフォンを仕事で使うかどうかは、それぞれの事業所の考え方にもよりますが、BYOD (Bring your own device) = 「自分の機器を仕事に持ち込む」 こと自体は世界的に見れば、もはや常識的な潮流となっています。 → 続きを読む


「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画
▶ ご試用はこちらから