ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
より良い障害福祉のために『時間』と『情報』を有効活用する
ための支援記録/ケース記録システム。

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」
キーワード >

レビュー:ケース記録がいつでも手元で検索閲覧できます。


わたしは障害福祉現場に従事し始めたばかりの支援員です。
毎日現場支援に入るのですが、わたしの勤務している自立訓練生活訓練事業所には、たくさんの利用者さんがいらっしゃるので、それぞれの利用者さんが今何を目標にしているのか、自分の記憶が薄れてしまうときもあります。

そんなときでもこのケース記録ソフトでは、どなたの個別支援計画でも手元のスマートフォンを使って最新版をすぐに見ることができます。ですので、現場に入る前のちょっとした時間に、今日いらっしゃっている利用者さんの個別支援計画に目を通して、その方の目標を自分の頭の中で明確にして支援に入ることができます。

また利用者さんごとに日々のケース記録を検索することができるので、「ここ最近はどんなご様子だったかなあ」と、現場に入る前にさらっとここ一週間くらいの記録に目を通すことによって、利用者さんへ配慮する必要のある点を、再度自分の頭の中で確認してから支援に入ることができ、とても助かっています。
その上、日々のケース記録記入時に、個別支援計画でたてた目標が提示される機能があるのも、目標がはっきりしてケース記録記入時にとても助かっております。

自立訓練生活訓練事業所 Kさん

掲載日 : 2019年4月4日 / 更新日 : 2019年4月23日

ほかの関連記事リスト :

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画
▶ ご試用はこちらから