ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
福祉支援の価値を最大化するための
支援記録(ケース記録)システム

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」
キーワード >

記事リスト : 会議録

支援記録一覧時に、個別支援計画・アセスメント等の書類を時系列で確認・表示できるようになりました。

かんたん支援記録カンタン支援計画」で支援記録(ケース記録)の一覧を表示すると、初期状態では全利用者様の支援記録が時系列で並びます。

もちろん、この一覧は様々なフィルタリング条件を設定して抽出表示できますが、よく利用される条件として、「利用者様ごとの一覧表示」があります。この際には、対象利用者様の支援記録一覧とともに、最新の個別支援計画が一緒に表示されます。

これは現状を俯瞰して状況を把握しやすくするためですが、今回その「現状把握」に加えて、現時点に至るまでの「個別支援計画・アセスメント等の履歴」も確認できるようになりました。

→ 続きを読む

アセスメントシートだけでなく、ケア会議録などの利用者様データ作成にも対応しました。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」では、アセスメントシートだけでなく、ケア会議記録などの利用者様に関する任意の表形式文書を、テンプレート(様式)を登録することにより記録できるようになりました。 → 続きを読む

レビュー : 支援記録システムで会議のペーパーレス化も。記録は活用してこそ価値がある。

事業所内の会議において、印刷物をなくしました。今までは、会議ごとに人数分のレジメにはじまり、支援記録や支援計画、とにかく印刷物が多かったです。しかも、会議終了後は個人情報流出を防ぐために大量の印刷物をシュレッダーにかけて破棄していました。 → 続きを読む

ケース記録だけでなく、会議録なども。支援員間での情報共有が、かんたんスムーズに。

スマホやタブレットで(もちろんパソコンでも)
支援員同士かんたんに情報共有を!

利用者様の情報は、支援時にケース記録の記入をし、支援員それぞれのタイミングで読むという使い方で共有ができます。が、それ以外に会議や事業所全体に関わる打ち合わせの内容を共有しようと思っても、紙面の回覧では時間がかかったり、職員の都合が合わせづらかったり、共有自体が手間だったりと、意外とスムーズにいかないこと、ありませんか?

かんたん支援記録カンタン支援計画」の記録対象IDとして、サービス種別ごとに「メモ用のアカウント」を用意しておき、これを記入先として選択し、事業所全体での共有が必要な情報(伝達事項や会議録など)を記入しておき、即時共有していく、という使い方もできます。

即時」というのは、共有が可能な状態にすること自体は書き入れた時点ですぐにできる、という意味ですが、一方、その情報を閲覧するのは、各支援員のご都合に合わせて「非同期」に行うことができます。

→ 続きを読む

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画