ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
より良い障害福祉のために『時間』と『情報』を有効活用する
ための支援記録/ケース記録システム。

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」
キーワード :

支援記録(ケース記録)記入時に、個別支援計画で立てた目標を確認できると同時に、関連する記録を簡単に時系列で抽出できます。


ひとり一人の利用者様に対して、個別支援計画で立てた目標を常に意識しながらケース記録を取っていくのは難しいことですよね。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」では、個別支援計画の内容に 「#〇〇〇〇〇〇」というような書式で「計画キーワード」を設定しておくことで、ケース記録を記入する際にワンクリックで追加できる「計画キーワードボタン」として表示されるようになりますので、目的意識をもってケース記録を書けるようになります。

以下の例では、感嘆とう子様の個別支援計画の目標内容に、「#作業の効率化」「#収支バランス」という2つのキーワードを設定してあります。

こうしておくことで、感嘆とう子様のケース記録を入力する際に、以下のように「計画キーワード」がボタンとして表示されます。これは、計画目標などの確認・共有にも役立ちます。

そして、記録内容を記入し、「#作業の効率化」ボタンをクリックすると、このキーワードが内容に追加されます。

これにより、この個別支援計画を表示するページ内(個別支援計画の一覧ページ / 感嘆とう子様個別の支援記録一覧ページ )で計画内容から「#作業の効率化」部分をクリックすると、感嘆とう子様の「作業の効率化」というキーワードが含まれている記録が一覧できます。

それぞれの利用者様に対して個別支援計画で立てた各目標ごとに、時系列で経過をたどることが簡単にできますので、評価や次回の計画策定時に便利です。

最終更新日時 : 2019年6月25日

ほかの関連記事リスト : , ,

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画
▶ ご試用はこちらから