ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
省コストで福祉支援の価値を最大化するための
支援記録(ケース記録)システム

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」 このシステムの概要と目的
キーワード

個別支援計画の作成と評価、個別支援計画テンプレートの作成方法について

個別支援計画を作成するには

個別支援計画を作成するには、メニュー内の 「個別支援計画 : 記入」 を選択します。
次に、計画作成に用いるテンプレート名を選択・適用すると、そのテンプレートの 項目名 ( 左列 )と、その内容 ( 右列 ) を入力する欄がセットで一覧表示されます。

個別支援計画

個別支援計画書を複製して作成する場合

場合によっては同じ計画を作成する場合もあるかもしれません。その時は個別支援計画書の下部にあるオレンジ色のボタンを押すことで複製が可能です。

個別支援計画書のテンプレート編集

一般的によく使われそうな個別支援計画書のテンプレートをいくつか用意してありますが、これらのテンプレートを「編集」してご利用頂くこともできます。

各テンプレートを編集するには、メニューより [ 支援計画 ] > [ テンプレート作成・編集 ] を選択して頂き、「テンプレートの編集」セクションにて、編集対象を選んで「編集」ボタンを押して下さい。
( 下図もご参考になさって下さい )

個別支援計画書のテンプレート作成

また、複数の個別支援計画用テンプレートを使い分けたい場合や、新規にテンプレートを作りたい場合には、「個別支援計画 : テンプレート作成」より作成することが可能です。

個別支援計画

テンプレート作成ページでは、項目名と( 必要であれば ) 内容欄に初期表示する内容を設定できます。初期表示する内容は、ある程度記入する内容が決まっている場合や、項目内に小項目を設定する場合などにご利用ください。

また、各項目欄の下にあるボタンを使って、行の追加と削除、区切り線の挿入や、グループ分け用の大項目の設定なども可能ですので、柔軟なテンプレート作成が可能です。

実際に個別支援計画を作成すると、以下のようなイメージになります。

個別支援計画

計画に対するモニタリング・評価時には、以下のように各項目の右側に星印でのスコアとコメントを入れることが可能です。

個別支援計画と評価

個別支援計画の印刷

もちろん、印刷にも対応しています。
印刷時には、文字数などに応じて自動で文字サイズ調整をし、印鑑欄・サイン欄等も含めた形で出力できます。

個別支援計画
個別支援計画の評価表

より詳しい使い方は実際にご試用していただければと思いますので、お気軽にお申し込みください。

掲載日 : 2018年10月9日 / 更新日 : 2023年3月31日

関連する記事のご紹介 :

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
ご試用はこちらから