ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
より良い障害福祉のために『時間』と『情報』を有効活用する
ための支援記録/ケース記録システム。

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」
キーワード :

記事リスト : 支援記録(ケース記録)

職員以外の支援関係者に対して支援記録(ケース記録)の中から、関連する記録だけを確認できるようになりました。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」では、利用者様のご家族や相談支援専門員など、事業所職員以外の外部関係者に対して、特定の利用者様の支援記録(ケース記録)を閲覧し、コメントできる機能を備えています。

基本的には、特定利用者様のすべての記録を閲覧可能にする機能なのですが、場合によっては、必要な記録だけを表示させた方が、効率よく伝えるべきことを伝えられる、というケースがあると思います。

→ 続きを読む

レビュー:個別支援計画から利用者さんの目標を、日々のケース記録の記入画面に提示できます!

自分が現場で支援に入るときに『あれ、この利用者さんの目標にしていることって何だったかな?』となってしまうことがあります。

事業所にたくさんの利用者さんがいらっしゃると、全員の方の目標を常に頭の中に記憶しておくことは能力的にも難しいときがあります。 → 続きを読む

支援記録(ケース記録)記入時に、個別支援計画で立てた目標を確認できると同時に、関連する記録を簡単に時系列で抽出できます。

ひとり一人の利用者様に対して、個別支援計画で立てた目標を常に意識しながらケース記録を取っていくのは難しいことですよね。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」では、個別支援計画の内容に 「#〇〇〇〇〇〇」というような書式で「計画キーワード」を設定しておくことで、ケース記録を記入する際にワンクリックで追加できる「計画キーワードボタン」として表示されるようになりますので、目的意識をもってケース記録を書けるようになります。

→ 続きを読む

レビュー:ケース記録がいつでも手元で検索閲覧できます。

わたしは障害福祉現場に従事し始めたばかりの支援員です。
毎日現場支援に入るのですが、わたしの勤務している自立訓練生活訓練事業所には、たくさんの利用者さんがいらっしゃるので、それぞれの利用者さんが今何を目標にしているのか、自分の記憶が薄れてしまうときもあります。 → 続きを読む

レビュー : ケース記録をかんたんに共有・管理できることで、柔軟に個別支援計画がたてられるようになりました。

支援計画は3か月毎や6カ月毎で、評価見直しがサービス事業所の義務になっております。

ご本人の真のニーズをくみ取らせていただき、沿った支援計画を立てる事が本来となります。が、実際はどうでしょうか・・・という所です。

→ 続きを読む

支援記録(ケース記録)記入時の利便性を上げるための小さな工夫を積み重ねることで、総作業時間に差が出ます。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」のケース記録(支援記録)入力画面には、日々の記録作業を少しでも簡単にすばやく入力するための工夫がたくさん組み込まれています。

一つひとつは小さなことですが、毎日の作業時間を少しずつ短縮していくことで、総作業時間に大きな差が出てきます。

→ 続きを読む

レビュー : ケース記録のための残業が減って定時に帰宅できるように。

利用者さんが帰宅してから必死で事務所にこもってケース記録を書いてたことがなくなり、残業が減って定時に帰宅できるようになりました。夕方記録するまで記憶しておかなきゃと頭を使う思うことがなくなった(現場こなしてると、次々といろいろなことが起こって、実際忘れてしまうんですよね)。 → 続きを読む

レビュー : ケース記録は子供を迎えに行ってから自宅でシステムに記入し、夜勤支援員に申し送りしています。

現場支援の最中の出来事を、記録する間もなく仕事をあがることがあります。残業していけば記録も書けるのですが、自分の子供が小さいので保育園に迎えに行く時間を考えると残業もできません。

現場であった事には大事なことが多いです。実際、夜勤で入る支援員には伝えなければならない事なのに、夜勤支援員に会えないまま現場を離れることがあり、情報が足りずに支援に入った支援員の行動で、利用者さんがパニックになったことがありました。私がきちんと伝えていなかったせいです。 → 続きを読む

支援記録記入ページにテンプレート(様式)が適用できるようになりました。

ケース記録・支援記録に事業所独自の記録用紙やエクセルやワードのテンプレート(様式)などを使っているケースも少なくないと思います。

テンプレートを利用することで、記録体裁の統一だけではなく、「何を書くべきか」という着目点を支援員間で共有できる、という効果もあります。ここでは、もう一歩踏み込んで、記録をより「活かす」方法を考えてみましょう。

記録システム導入により、記録作業に必要な時間を短縮できる(これも積み重なると大きな時間になります)のは当然ですが、本当に重要なポイントは、記録情報を有効に活用できる環境が、より良い支援のための新しい「時間」と「アイデア」を与えてくれる、ということです。

紙はもちろん、ワードやエクセルでの記録管理では、せっかく労力をかけて作成した記録が、未来の支援のために「活用しにくい情報」になってしまいます。「必要とする支援員が、必要とする情報にいつでもすぐにアクセスできる」ことは、より質の高い支援、より効率的な労働環境に直結します。

かんたん支援記録カンタン支援計画」では、支援記録記入ページに予め項目名を表示させておいて、その項目にそって入力できます。

シンプルな仕組みですが、だからこそ、項目の増減やフォーマットの変更もその場で対応できる柔軟性があります。さらに、ハッシュタグなどもうまく活用すると、より有用な記録情報として活用できるはずです。

→ 続きを読む

支援記録 (ケース記録) 作成ページの通知機能について。

全ての利用者様の契約更新日や個別支援計画更新日などの情報を正確に記憶しておくのは難しいですよね。

かんたん支援記録カンタン支援計画」の支援記録記入ページには、記入する際に記録対象となる利用者様を選択すると、その利用者様の以下の情報が通知されます。 → 続きを読む


「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画
▶ ご試用はこちらから