ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
福祉支援の価値を最大化するための
支援記録(ケース記録)システム

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」
キーワード >

利用者台帳としてもご利用いただけます。

※ この記事は内容が古い可能性があります。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」では、利用者様の情報管理ページにて、様々な情報を利用者台帳として登録しておくことができます。

こちらの利用者台帳に記載された情報は、支給決定期間・契約期間の終了期限が近づくとお知らせしてくれたり、アセスメントシート作成時には、必要事項を自動的にシート内にコピーしてきたりするためにも利用されます。

純粋に支援記録システムとしてのみ利用する場合などには、詳細な台帳情報 (以下の画像の「基本情報」部分) は必須ではありませんので、利用者台帳として使用しない場合は、空欄のままでももちろん動作します。

システムの利用目的に応じて運用方針を決めていただければと思います。

利用者台帳

掲載日 : 2018年11月21日 / 更新日 : 2018年12月13日

関連する記事のご紹介 :

まずはご試用してみて下さい。
お申し込みはこちらから。

31日間の無料試用期間の終了後、ご契約期限日までさらに42日間ありますので、実質2ヶ月以上ご試用頂けます。
法人名 :
お名前 :
eMail :
電話番号 :

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画