ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
より良い障害福祉のために『時間』と『情報』を有効活用する
ための支援記録/ケース記録システム。

かんたん支援記録カンタン支援計画
キーワード :

少ない予算でも導入できる低価格!ご利用のあった分だけ後払いだから安心です。


これなら導入もラクラク!ウェブサービスだからこその低価格。何台で使っても価格は変わりません。

ご利用とお支払いのフロー

  1. まずはトップページの申込みフォームからお申込いただき、1ヶ月間、無料で実際にご試用頂くことからスタートします。( ※ 試用期間中に入力した情報は、そのまま正式契約後も引き継がれますので、試用期間中でも実務にご利用いただいても構いません。 )
  2. 試用期間が終了すると、その旨をお知らせするメールが届きます。 そのメールをご覧いただき、ご利用を継続する場合には、初期設定費用として3,000円(税抜)をお振込み下さい。
  3. その後のご利用料は、支援記録 ( あるいは、「個別支援計画」「アセスメントシート」「一斉配信メール」 ) を1件記入するごとに7円から9.6円を課金させていただく、従量課金制です。 ( 価格は常時見直しておりますが、このページに掲載されている価格はリアルタイムに更新されますので、常に最新の情報です。 )

支援記録を作成するのは、基本的に福祉サービスの利用があった時と見なし、ご利用のあったその日、その利用者様の報酬から7円から9.6円を、このシステムのためのコストとして充当していただく感覚で考えていただければ、利用端末台数は無制限ですので、職員一人当たりで考えてみても、とても小さなコストであることがイメージできるのではないでしょうか。 ( 報酬額に対する割合としては、サービス種別やご利用時間にもよりますが、0.1%〜0.5%程度になると思います。 )

小さな事業所から大きな事業所まで、どんな規模の事業所様にとっても、経費をほとんど心配する必要もなく、とても小さな負担で、総労働時間の短縮や、記録情報の共有活用、さらにはその先にあるブレのない「統一支援」の実現にもつながる、という大きな導入効果を得られるよう、意識して開発しています。

支援記録・個別支援計画の作成に関わる事務作業に費やす労力や時間が、現場での支援の妨げになるようなことは、極力さけなければならないことです。
そして、その労力を払って作成した記録などの情報を、現場での支援を行う際にきちんと役立てていかなければ、ただの「記録のための記録」として、重く支援員の肩にのしかかってくる「負」の存在になってしまいます。

この「かんたん支援記録 カンタン支援計画」は、そんな「マイナスを大きなプラスへと変換する」という思想のもとに開発をスタートし、今も継続しています。

また、ご利用単価は開始時の9.6円から、半年ごとの契約更新のたびに0.2円ずつ7円まで下がりますので、長く使っていただくほど安価に使っていただけます。

例えば、1日10件の記録がある場合、1日につき10✕(7〜9.6)円ということになりますので、

円/日 ということになります。

この条件でひと月の稼働日数が20日だとすると、

円/月 ということになります。

ご利用料金例 (税抜価格) ※ 端末数は何台でも利用料は同じです

平均記録件数/日 稼働日数/月 最低料金/月 開始時料金/月
10 20
15 20
20 20
15 30
30 20

※ 件数とは、支援記録・個別支援計画・アセスメント等の表形式書類・一斉配信機能のご利用件数の合計です。

最終更新日時 : 2019年4月19日

ほかの関連記事リスト : ,

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画
▶ ご試用はこちらから