ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
より良い障害福祉のために『時間』と『情報』を有効活用する
ための支援記録/ケース記録システム。

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」
キーワード >

ケース記録/支援記録/個別支援計画などを音声入力する方法について。


「かんたん支援記録カンタン支援計画」はPCはもちろん、スマートフォン・タブレット端末にも対応していますが、現代のこれらの端末には、文字入力方法のひとつとして、音声認識による入力方法が用意されていることがほとんどです。

この機能を活用することで「かんたん支援記録カンタン支援計画」への入力も音声で行うことが出来ますので、文字入力が苦手な方や、タイプする時間がない場合などにも、素早くかんたんに記録することができます。

それでは、端末の種類ごとに音声入力の具体的な使い方をご紹介します。

iPhone / iPad の場合

ケース記録や個別支援計画の入力画面で、入力対象となる欄を選択して、左下に出てくるマイクのボタンをタップします。

( この時、日本語が入力できる状態で行ってください。英語キーボードからマイクボタンをタップすると英語として認識してしまいます。)

iPhoneでの音声入力

音声認識が可能な状態になりますので、話しかけて入力してください。
ちなみに「改行」や「。(まる)」も音声で入力することができます。

Android の場合

Android の場合、機種やバージョンなどによって操作方法が異なると思いますが、下図のように、入力時にキーボード周辺にマイクのアイコンがあれば、これをタップして話しかけることで入力が可能です。

また、PCやタブレットでも同様に音声入力が利用できる機種もありますので、必要に応じてご活用頂ければと思います。

最終更新日時 : 2020年1月6日

ほかの関連記事リスト : , , ,

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画
▶ ご試用はこちらから