ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
福祉支援の価値を最大化するための
支援記録(ケース記録)システム

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」
キーワード >

特定利用者さんの支援記録(ケース記録)をご家族や相談支援員様などの関係者とも共有できるようになりました。

放課後等デイサービスなどの場合、事業所に預けている我が子が、日々どんな生活を送っているのか、親御さんなら気になると思います。実際には、支援員と保護者間での連絡手段としてノート等を用いて情報共有を行っているケースも少ないくないのではないでしょうか。

かんたん支援記録カンタン支援計画」では、特定の一人、または複数の利用者さんの支援記録 (ケース記録) を読むことができて、記録ごとにコメントもできる「関係者」アカウントを作ることができます。

さらに、関係者アカウントごとに、特定のハッシュタグを設定すると、そのタグ(またはキーワード)が含まれている記録のみを閲覧可能とすることもできますので、記録ごとの閲覧可否設定もかんたんです。

もちろん、ご家族だけではなく、支援に携わる関係者の方とも共有できますので、ケア会議などで追いきれないような情報も必要に応じてフォローできます。

関係者と職員とでお互いにコメントも出来ますので、簡単なやりとりならこのページ上で済んでしまいますので、保護者様とのやりとりや、相談支援員様との情報共有、他事業所様との連携などにも活用できます。

新しいコミュニケーションツールとしても機能すると思いますので、御社にとって効果的な利用方法を見つけて頂ければ幸いです。

各支援記録に対してコメントができます。

※ 記録内の文章はダミーです。

掲載日 : 2018年11月1日 / 更新日 : 2021年6月15日

関連する記事のご紹介 :

まずはご試用してみて下さい。
お申し込みはこちらから。

31日間の無料試用期間の終了後、ご契約期限日までさらに42日間ありますので、実質2ヶ月以上ご試用頂けます。
法人名 :
お名前 :
eMail :
電話番号 :

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画