ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
福祉支援の価値を最大化するための
支援記録(ケース記録)システム

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」
キーワード >

職員以外の支援関係者に対して支援記録(ケース記録)の中から、関連する記録だけを確認できるようになりました。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」では、利用者様のご家族や相談支援専門員など、事業所職員以外の外部関係者に対して、特定の利用者様の支援記録(ケース記録)を閲覧し、コメントできる機能を備えています。

基本的には、特定利用者様のすべての記録を閲覧可能にする機能なのですが、場合によっては、必要な記録だけを表示させた方が、効率よく伝えるべきことを伝えられる、というケースがあると思います。

このような場合に、対象となる関係者様のアカウントに「初期検索キーワード」を設定しておくと、ログイン直後の記録閲覧ページに、このキーワードを含む支援記録のみが表示されるようになります。

もちろん、このキーワードには #(シャープ)を付けたキーワード(ハッシュタグ)も設定できますので、支援員様が記録する際、見せたい関係者様ごとに特定のハッシュタグを予め決めておくとスムーズな運用ができます。

さらに、アカウント設定時に [ このキーワードを含む記録のみを閲覧可能にする ] をチェックすると、そのハッシュタグ(またはキーワード)が含まれている記録のみを閲覧可能とすることもできますので、記録ごとの閲覧可否設定もかんたんです。

このように、当システムはそれぞれの事業所様の方針に合わせた、柔軟な運用が可能となるような工夫がたくさんあります。

「こんな支援スタイルを採用しているんだけど、どんな使い方がオススメですか?」など、具体的なシステム利用方針がイメージできない場合には、お気軽にお問い合わせ下さい。

掲載日 : 2019年5月30日 / 更新日 : 2021年10月14日

関連する記事のご紹介 :

まずはご試用してみて下さい。
お申し込みはこちらから。

31日間の無料試用期間の終了後、ご契約期限日までさらに42日間ありますので、実質2ヶ月以上ご試用頂けます。
法人名 :
お名前 :
eMail :
電話番号 :

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画