ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
福祉支援の価値を最大化するための
支援記録(ケース記録)システム

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」
キーワード >

アセスメントシートだけでなく、ケア会議録などの利用者様データ作成にも対応しました。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」では、アセスメントシートだけでなく、ケア会議記録などの利用者様に関する任意の表形式文書を、テンプレート(様式)を登録することにより記録できるようになりました。

まず、必要とする文書毎にテンプレート(様式)を登録し、それぞれに “ケア会議録” や “ヒヤリ・ハット報告書” などの「テンプレート名」を設定しておきます。

次に、文書作成時に目的のテンプレート(様式)を選択し、その様式にしたがって文書を作成すると、目的の文書が出来上がります。

定形の文書は、それぞれ上記のようなテンプレートを用意して運用して頂くことで管理が容易になるだけでなく、各利用者様の支援記録一覧ページからも簡単にアクセスできるので、支援にもより活かせるようになります。

ちなみに、上の写真では入力欄が狭く見えるかもしれませんが、文書全体の見通しをよくするために、初期状態では狭くしてありますが、入力する際には選択された入力欄が縦に広がりますので、長文でも入力しやすく作られています。
また、区切り線の挿入や、順序の入れ替えなど、テンプレート編集も簡単に行えます。

もちろん、設定した条件下での文書の横断的な検索もかんたんに出来ますので、アイデア次第で柔軟な使い方が可能です。

掲載日 : 2019年2月1日 / 更新日 : 2021年8月27日

関連する記事のご紹介 :

まずはご試用してみて下さい。
お申し込みはこちらから。

31日間の無料試用期間の終了後、ご契約期限日までさらに42日間ありますので、実質2ヶ月以上ご試用頂けます。
法人名 :
お名前 :
eMail :
電話番号 :

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画