ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
より良い障害福祉のために『時間』と『情報』を有効活用する
ための支援記録/ケース記録システム。

かんたん支援記録カンタン支援計画
キーワード :

アセスメントシートだけでなく、ケア会議録などの利用者様データ作成にも対応しました。


「かんたん支援記録カンタン支援計画」では、アセスメントシートだけでなく、ケア会議記録などの利用者様に関する任意の表形式文書を、テンプレート(様式)を登録することにより記録できるようになりました。

まず、必要とする文書毎にテンプレート(様式)を登録し、それぞれに「テンプレート名」を設定しておきます。
次に、文書作成時に目的のテンプレート(様式)を選択し、その様式にしたがって文書を作成すると、目的の文書が出来上がります。


ちなみに、上の写真では入力欄が狭く見えるかもしれませんが、文書全体の見通しをよくするために、初期状態では狭くしてあります。
そして、入力する際に選択された入力欄が縦に広がりますので、長文でも入力しやすく作られています。

もちろん、設定した条件下での文書の横断的な検索もかんたんに出来ます。
アイデア次第で柔軟な使い方が可能ですので、ぜひご活用下さい。

最終更新日時 : 2019年2月25日

ほかの関連記事リスト : , , ,

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画
▶ ご試用はこちらから