ケース記録ソフトに、ICTで利便性と軽快さと翼を。
福祉支援の価値を最大化するための
支援記録(ケース記録)システム

ケース記録システム「かんたん支援記録カンタン支援計画」
キーワード >

記事リスト : 便利な使い方

ベストプラクティス : 支援記録と個別支援計画の連携によるPDCAサイクルの構築法。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」は、単純に支援記録(ケース記録)を記入して、共有するだけでも十分な導入効果はありますが、無理なく自然に「支援の質を継続的に改善していくための良い循環」を作り出す方法をご紹介いたします。 ポイントは「#」の一文字です。

ここでは、よく知られているフレームワークである、「PDCAサイクル」を用いて Plan (計画) / Do (実行) / Check (評価) / Act (改善) の各フェーズ毎に説明させて頂きます。

→ 続きを読む

支援記録(ケース記録)一覧の中から、頻繁に使われている単語のリストを表示 : 単語の頻出度から傾向を把握できます。

かんたん支援記録カンタン支援計画」では、支援記録(ケース記録)を様々な条件で記録を抽出し、一覧表示することができますが、この時、記録内の単語の構成比率などから「感情極性評価値」を算出できます。

この「感情極性評価値」を算出した際、一覧として表示されている支援記録の文中でよく使われている単語を、登場回数の多い順に一覧表示できるようにいたしました。 これは記録一覧の最下部に標示されます。

→ 続きを読む

支援記録 (ケース記録) の登録と編集 : 様々な記録手順に、効率的な記録作業フローを。

ケース記録を新たに書く時、あるいは既に書かれたケース記録を編集する時、人によって「効率的」と感じる作業手順はそれぞれ違うかもしれません。

記録にまつわる一連のフローを効率化できれば、より短い時間で記録作業を終えることができますので、実支援に使える時間や、支援以外の創造的な仕事などに使える時間を創出することができるようになります。

小さな事のように感じるかもしれませんが、スマホなどで「1回操作が省けるだけで利便性が向上する」という感覚は実感があるのではないでしょうか。このような習慣が業務の中での「新しい常識」になることで、時間の使い方などの意識変革に繋がり、新たな価値の創出にも繋がってくるはずです。

→ 続きを読む

カスタマイズ事例 : 使い方や運用方針に応じて柔軟にカスタマイズできます。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」は、クラウドサービスなのでシステムの基幹は共有していますが、当然ながら各事業所様ごとに運用方針や主たる利用目的などは異なりますので、それぞれのニーズに応じて柔軟なカスタマイズができるように設計されています。

ただ、具体的にどのようなことが出来るのかが、イメージしにくいかもしれませんので、このページでは具体的な参考事例を挙げさせて頂きます。

→ 続きを読む

支援記録・ケース記録の内容から感情値を推測 : 注目すべき記録をすばやく見つけたり、大局的な状況を判断するための材料としてお使いいただけます。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」では、様々な条件下で支援記録の一覧ができますが、忙しくて時間があまりない時などは、一覧されたすべての記録を読み込んでいくことができないこともあると思います。

また、「あの利用者様の先月のメンタルはどんな状態だったかな?」とか、取り組んでいる「この作業に対して利用者の皆様はどんな思いを持っているのかな?」といったことを、客観的に、大局的に、すばやく把握するのはなかなか難しいことですよね。

→ 続きを読む

職員以外の支援関係者に対して支援記録(ケース記録)の中から、関連する記録だけを確認できるようになりました。

「かんたん支援記録カンタン支援計画」では、利用者様のご家族や相談支援専門員など、事業所職員以外の外部関係者に対して、特定の利用者様の支援記録(ケース記録)を閲覧し、コメントできる機能を備えています。

基本的には、特定利用者様のすべての記録を閲覧可能にする機能なのですが、場合によっては、必要な記録だけを表示させた方が、効率よく伝えるべきことを伝えられる、というケースがあると思います。

→ 続きを読む

レビュー : ケア会議や、朝のミーティング時の会議録なども、職員間ですぐに共有できて助かっています。

わたしの事業所では、毎朝伝達のためのミーティングが行われます。

ここで、それぞれの担当から各利用者さんの特記事項について伝達があります。

書記担当のわたしはその会議の内容を「メモID」という会議録用に用意したアカウントに入力していきます。

→ 続きを読む

支援記録記入ページにテンプレート(様式)を適用して、統一支援に役立てましょう。

ケース記録・支援記録に事業所独自の記録用紙やエクセルやワードのテンプレート(様式)などを使っているケースも少なくないと思います。

テンプレートを利用することで、記録体裁の統一だけではなく、「何を書くべきか」という着目点を支援員間で共有できる、という効果もあります。また、書くべき点を統一することで、支援の方向性がブレないようにする効果も期待できます。ここでは、もう一歩踏み込んで、記録をより「活かす」方法を考えてみましょう。

記録システム導入により、記録作業に必要な時間を短縮できる(これも積み重なると大きな時間になります)のは当然ですが、本当に重要なポイントは、記録情報を有効に活用できる環境が、より良い支援、次のステップを登るための新しい「アイデア」と、それを実現するための「時間」を与えてくれる、ということです。

紙はもちろん、ワードやエクセルでの記録管理では、せっかく労力をかけて作成した記録が、未来の支援のために「活用しにくい情報」になってしまいます。「必要とする支援員が、必要とする情報にいつでもすぐにアクセスできる」ことは、より質の高い支援、より効率的な労働環境に直結します。

かんたん支援記録カンタン支援計画」では、支援記録記入ページに予め項目名を表示させておいて、その項目にそって入力できます。

シンプルな仕組みですが、だからこそ、項目の増減やフォーマットの変更もその場で対応できる柔軟性があります。

また、必要に応じて記入項目欄や、チェック項目・プルダウン選択式の項目なども追加できます。

さらに、ハッシュタグなどもうまく活用すると、記録の分類や、注目すべき記録の抽出などもかんたんにできますので、より有用な記録情報として活用できるはずです。

→ 続きを読む

個別支援計画を印刷する。

個別支援計画を印刷したい場合には、個別支援計画表示ページより、利用者名や時期などの条件を選んで表示させた後、ウェブブラウザの印刷機能から印刷を行ってください。

縦向き、横向きのどちらでも印刷できます。
また、総文量に合わせて文字のサイズを調節してなるべく一枚に収まるように自動調整しますが、ご希望であれば固定文字サイズにも変更できます。
→ 続きを読む

最新の個別支援計画を簡単に確認する方法。ケース記録とともに支援の方向性を把握しておきましょう。

「ブレのない統一的な支援」を事業所全体で行っていく上で、それぞれの利用者様の個別支援計画の内容を常に把握しておくことは大切です。

それと同時に、その個別支援計画に沿って、今日まで誰がどのような支援を行ってきたのかを把握しておくことも無駄のない支援を行っていく上で大切ですよね。

かんたん支援記録カンタン支援計画」の支援記録一覧ページには、初期状態で直近の一週間で各利用者様がどのような支援を誰に受けてきたのかが表示されますが、ここで一覧内にある利用者様の名前部分をクリックしてみてください。

→ 続きを読む

「記録のための記録」
で終わらせないために、
情報をフル活用しましょう。
「かんたん支援記録カンタン支援計画」のワークフロー
障害福祉の働き方改革!より良い福祉のために「時間」と「情報」を有効活用するためのクラウドベースのケース記録システム : かんたん支援記録カンタン支援計画